CDのクリーニング方法を解説!読み取りできない時の対策もご紹介!

音源・サブスク

「CDを買ってメンテナンスをしたいが、クリーニング方法がわからない。」

「CDの読み取りができなくて、困っている。」

ライブハウスなどでCDを購入する方でしたら、CDのクリーニング方法や不具合で、困った経験のある方も多いでしょう。

本記事「CDのクリーニング方法を解説!読み取りできない時の対策もご紹介!」をお読みいただければ、そのようなお悩みも軽減されます。

この記事では・・・

・基本的なCDのクリーニング方法
・読み取りができない時の対策
について解説します。
本記事をお読みいただければ、具体的なクリーニング方法がわかり、問題を解決しやすくなるでしょう。

ライブハウス通い5年以上・年間50本以上のライブに参加する筆者の経験に基づいた話をさせていただきます。

丁寧にわかりやすく解説しますので、ぜひ最後までお読みになってください。

館長
館長

筆者もよくライブハウスでCDを購入します。これまでに得た知見に基づいて解説します!

 

基本的なCDのクリーニング方法

まずは基本的なCDのクリーニング方法について解説します。

CDは、以下の流れでクリーニングをします。

①メガネ拭きなどの柔らかい布を用意する。
②布を濡らさず、CDの中心部から外側に向けて優しく拭く。
この時気を付けたいのが、「決して円周方向に拭かない」ということです。
くるくる円を描くようにCDを拭いてはいけません。
円周方向に傷が付くと、記録データが損傷し、読み込みができなくなる可能性があります。
CDをクリーニングする際は、必ず放射状(中心から外へ向けてまっすぐ)に拭くようにしましょう。
館長
館長

記録データはCDの中心部から外側へ向けて保存されていきます。中心部を拭く時は、特に注意が必要です。

 

CDの読み取りができない時の対処方法

CDを再生しようとすると、CDの読み取りができず、再生できないことがあります。

ここでは、CDの読み取りができない時の対処法を2点紹介します。

①水やエチルアルコールで軽く拭いてみる。
②CDクリーナーを使ってドライブをクリーニングする。
それぞれ詳しく見ていきましょう。

①水やエチルアルコールで軽く拭いてみる。

CDの読み取りができない時、CDの記録面に落ちにくい汚れが付着している場合があります。
布を水やエチルアルコールで湿らせ、一度拭いてみましょう。
エチルアルコールとは、エタノールのことです。
特に洗浄力が高く、水分がすぐに蒸発する「無水エタノール」が、CDのクリーニングに向いていておすすめです。
通販などでも販売しているので、チェックしてみましょう。
水で拭く場合も、記録面に拭き残りがないよう、十分に気を付けてください。

②CDクリーナーを使ってドライブをクリーニングする。

CDの読み取りができない時、再生するドライブ自体に問題がある可能性があります。

CDクリーナーを使って、ドライブのクリーニングをしてみましょう。

CDクリーナーは、CDのような形をしたクリーニング道具で、ドライブにセットして再生するだけで、ドライブ内のレンズを綺麗にしてくれます。

これにより、今まで読み取りできなかったCDが、再生できる場合もあります。

CDクリーナーは通販でも販売されているので、よかったら検討してみてください。

館長
館長

筆者はCDの読み取りができなかった際、CDクリーナーを使って、CDを再生したことがあります。試してみる価値ありです!

まとめ

基本的なCDのクリーニング方法は、「柔らかい布で記録面を放射状に拭く」です。

この時、円周方向に拭いてしまわないよう注意しましょう。

またCDの読み取りができない場合は、一度水やエチルアルコールを使って拭いてみましょう。

それでもダメなら、再生するドライブ自体に問題があるかもしれないので、CDクリーナーを使ってドライブをクリーニングしてみてください。

適切な方法でクリーニングをして、長く好きなCDを楽しめるようにしましょう。

CDについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

CDが燃えるゴミなのはなぜ?盤面以外の捨て方や注意点も教えます!
CDが燃えるゴミである理由を紹介しています。この記事をお読みいただければ、なぜCDが燃えるゴミとして分別されるのかがわかります。是非ご覧ください!
CDはどこで買う?新品・中古の買い方を初心者向けに解説します!
CDをどこで買うのかわからない方へ向けて、基本的な買う場所を解説します。この記事をお読みいただければ、CDをどこで買えばよいのか理解できるでしょう。是非ご覧ください。

本記事「CDのクリーニング方法を解説!読み取りできない時の対策もご紹介!」があなたのお役に立てたのなら幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました