【キュウソネコカミ】神戸ワールド記念ホールワンマンライブの思い出

コラム

2018年4月14日、キュウソネコカミは神戸ワールド記念ホールで、ワンマンライブを行いました。

筆者もこのワンマンライブを観に行っています。

本記事「【キュウソネコカミ】神戸ワールド記念ホールワンマンライブの思い出」では、当時の様子を振り返り、ワンマンライブの思い出を共有できたらと考えています。

キュウソネコカミの神戸ワールド記念ホールワンマンライブを観に行った人も、行かなかった人も、この記事を楽しんでもらえると嬉しいです。

館長
館長

2018年に開催されたキュウソネコカミの神戸ワールド記念ホールワンマンライブを振り返ります!

前回のコラムはこちら↓

【大阪城ホール】ヤバイTシャツ屋さんワンマンライブの思い出!
ヤバイTシャツ屋さん大阪城ホールワンマンライブの感想を語ります。この記事をお読みいただければ、当時の思い出がよみがえってきます。是非ご覧ください。

キュウソネコカミ神戸ワールド記念ホールワンマン:1曲目は『5RATS』

キュウソネコカミの神戸ワールド記念ホールワンマンライブの栄えある1曲目は『5RATS』でした。

『5RATS』は勢いのある曲で、キュウソネコカミの「何があっても生き残ってやるぞ!」という強い気持ちを感じさせる曲です。

まさに神戸ワールド記念ホールという、大舞台の1発目にふさわしい曲だなぁと思います。

個人的には「浮き沈みなんて当たり前や!」という歌詞が好きです。

まるで自分に言われているようで、非常に勇気が出ます。

キュウソネコカミの神戸ワールド記念ホールワンマンライブは、1番最初からボルテージマックスで始まりました。

キュウソネコカミ神戸ワールド記念ホールワンマン:さまざまな演出

キュウソネコカミの神戸ワールド記念ホールワンマンライブでは、さまざまな演出があり、長時間のライブでも中だるみが起きないように工夫されていました。

特に個人的に印象に残ったのは、『サギグラファー』での撮影タイムです。

通常、大規模なイベントでは、写真や動画の撮影が禁止されていることが多いです。

今回のイベントでもそうなのですが、『サギグラファー』の時だけ10秒ほど写真撮影が認められました。

短い時間で写真を撮ろうと、多くの人が急いでスマホをパシャパシャさせていたのが楽しかったです。

まさに写真の曲にふさわしい演出でしたね。

キュウソネコカミ神戸ワールド記念ホールワンマン:定番曲を連発

キュウソネコカミの神戸ワールド記念ホールワンマンライブでは、25曲以上の曲が演奏されました。

その中にはキュウソネコカミの定番曲も多く含まれており、往年のファンとしては、かなり楽しめる内容でした。

『ビビった』『MEGA SHAKE IT!』『ファントムヴァイブレーション』などに加え、レキシとのコラボ曲『KMTR645』も披露され、大興奮。

個人的には『Scary song』が聴けて嬉しかったです。

『Scary song』はとても面白い曲ですからね。

DVDも発売されているので、もし興味のある方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

2018年4月14日に、キュウソネコカミは神戸ワールド記念ホールでワンマンライブを行いました。

ライブスタートから勢いのある曲を披露し、その後もさまざまな演出・曲で我々を楽しませてくれました。

個人的にかなり良い思い出となっているライブです。

キュウソネコカミには、これからもどんどん活躍してもらいたいなと思います。

本記事「【キュウソネコカミ】神戸ワールド記念ホールワンマンライブの思い出」を楽しんでもらえたなら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

次回のコラムはこちら↓

【fripSide】神戸ワールド記念ホール公演2017の思い出
fripSideの神戸ワールド記念ホール公演の感想を語ります。この記事をお読みいただければ、当時の思い出がよみがえってきます。是非ご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました