【fripSide】神戸ワールド記念ホール公演2017の思い出

コラム

「とある科学の超電磁砲」シリーズの主題歌を担当するなど、アニソン界で名を馳せる音楽ユニット・fripSide。

彼らは2017年12月16日に神戸ワールド記念ホールでワンマンライブを開催しました。

筆者も、fripSideの神戸ワールド記念ホール公演を観に行っています。

本記事「【fripSide】神戸ワールド記念ホール公演2017の思い出」では、実際にfripSideの神戸ワールド記念ホール公演を観た思い出を振り返っていきます。

当時fripSideの神戸ワールド記念ホール公演を観た人も、観なかった人も、楽しんで読んでいただけると嬉しいです。

館長
館長

2017年に開催されたfripSide・神戸ワールド記念ホール公演を振り返ります!

前回のコラムはこちら↓

【キュウソネコカミ】神戸ワールド記念ホールワンマンライブの思い出
キュウソネコカミの神戸ワールド記念ホールワンマンライブの思い出を語ります。この記事をお読みいただければ、当時の思い出がよみがえってきます。是非ご覧ください。

fripSideの神戸ワールド記念ホール公演2017は「15周年記念ツアー」だった

fripSideの神戸ワールド記念ホール公演2017は、fripSideの15周年ツアーの一環として開催されたものでした。

fripSide『15th Anniversary Tour 2017-2018 “crossroads”』
●2017年11月18日 さっぽろ芸術文化の館 ニトリ文化ホール (北海道)
●2017年12月2日 幕張メッセ 国際展示場 7~8ホール (千葉県)
●2017年12月3日 幕張メッセ 国際展示場 7~8ホール (千葉県)
●2017年12月8日 福岡サンパレス (福岡県)
●2017年12月16日 神戸ワールド記念ホール (兵庫県)
●2018年1月7日 名古屋国際会議場 センチュリーホール (愛知県)
●2018年1月8日 名古屋国際会議場 センチュリーホール (愛知県)

当時のfripSideニューアルバム『crossroads』をひっさげ、全国5都市を周ったツアーです。

筆者もニューアルバム『crossroads』を聴き込んでから、ライブに参戦した思い出があります。

筆者は『crossroads』が他のアルバムと比べて好きで、特に『sky』『distant moon』『an evening calm』がお気に入りです。

「これが生演奏で聴けるのかぁ」とワクワクしながら、チケットを購入したことを覚えています。

fripSideの神戸ワールド記念ホール公演2017はアルバム収録曲を中心に定番曲を加えた構成だった

fripSideの神戸ワールド記念ホール公演は、ニューアルバム『crossroads』の曲を中心に、従来からある定番曲を織り交ぜたセトリでした。

前述した『sky』『distant moon』『an evening calm』も披露され、筆者は個人的に大興奮していました。

『black bullet』や『sister’s noise』などの定番曲も披露され、会場はノリノリ。

ダブルアンコールで『only my railgun』を披露する際には、八木沼さんが「これ聴かなきゃ帰れないだろ~!」的なことを言って笑いを誘っていました。

その通りです(笑)

南條さんも歌がとにかく上手く、ずっと聴いていてもしんどくなく、心地よい時間が続きました。

声もとても綺麗でしたね。

とにかく居心地の良いイベントだったなぁと記憶しています。

まとめ

2017年にfripSideは神戸ワールド記念ホールでワンマンライブを行いました。

15周年を記念し、ニューアルバム『crossroads』をひっさげての公演でした。

ニューアルバムの曲を中心に、定番曲を織り交ぜた構成は、とても楽しく、居心地がよかったのを覚えています。

余談ですが、やはりアニソン系のお客さんは、心温かい方が多いように感じます。

会場の空気がとにかく温かい。

良いイベントだったなぁと思います。

筆者は、fripSideが新体制になってからはまだライブに行けていないので、いつか足を運びたいと思います。

以上、「【fripSide】神戸ワールド記念ホール公演2017の思い出」でした。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました